内緒でカードローンを借りたい方のためにオススメの情報を紹介します。

menu

専業主婦カードローン公式サイト/内緒で即日借りれる銀行一覧

専業主婦カードローンとは

カードローンというのは、個人が業者からお金を借りる事ができるものですが、大まかに言えば借金です。
通常、借金をする場合は担保や保証人が必要ですが、カードローンの場合は担保も保証人も必要ありません。

これには理由があります。
個人の融資ですが、信用貸しをするので担保も保証人も不要としています。
ただし信用できる人かどうか、つまりお金を借りてもきちんと返済出来るかどうかを審査します。
どんな人でも審査無しというわけにはいきません。

実はカードローンにも種類があって、消費者金融系・信販系・銀行系の3種類あります。
信販系の場合はクレジットカードに付随している、ショッピング枠とは別のキャッシング枠になります。
信販系と消費者金融系は、貸金業法に基づき営業をしている貸金業者です。

しかし銀行はお金を貸す事を主とはしていないので、貸金業者ではありません。
数年前に貸金業法が改正され、総量規制が新たに導入されました。
総量規制というのは、年収の3分の1を超える借り入れができないというものです。
総量規制が導入されるまでは、多重債務者や自己破産をする人は続出しました。

これを防止する意味もあって、総量規制が導入されたので現在は年収の3分の1を超える借り入れはできなくなっています。
総量規制は貸金業法に基づき営業する、貸金業者だけに適用されます。
銀行系のカードローンには、総量規制は適用されません。
専業主婦の場合は配偶者である夫に安定した収入があれば、カードローンの申込も可能という建て前はありますが実際には専業主婦は無職なので貸金業者では申込も利用もできなくなっています。
主婦でも自身がパートやアルバイトをしており、月々の収入があれば一部のカードローンは申し込み可能となっています。
しかしまったく仕事をしていない専業主婦は、お金を借りても返せるかどうかわからないので貸さないという暗黙のルールがあります。

でもこれは総量規制対象のカードローンの場合です。
銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので、年収に関係なくカードローンの申込ができます。
専業主婦も夫がいて安定した収入がある事を前提としているので、自身の身分証明書があれば申し込みできます。
夫の同意も収入証明書も、夫の会社への在籍確認もないので、カードローンに申し込んだり利用をしている事を夫に知られたくないという専業主婦の人にもおすすめです。

ただし無条件で申し込めて審査にも通るというわけではありません。
申し込みは可能でも、審査は行われますのでなにか問題があった場合は利用を断られる可能性もあります。
銀行系のカードローンは、専業主婦が申し込みできる唯一のカードローンですが、利用限度額は低めの設定となっていて、利用限度額の増額もできません。

しかし借りすぎる心配もありません。
借りるときも計画的に利用していけば、月々の返済も無理なく家計に響かない程度に返せる額となっています。

参考サイト
参考サイトタイトル:専業主婦ローン即日融資63※内緒で申込める銀行カードローン
サイトURL:http://www.absolutewainui.com/

低金利のカードローン会社がおすすめな理由がまとめられています。
カードローンを選ぶときのポイントになるので知っておきましょう。